リーズナブルでも大満足!おすすめの格安結婚式場

格安・激安結婚式Navi HOME/ 結婚式・後悔しないためのチェックポイント

結婚式・後悔しないためのチェックポイント

結婚式場を決める際のお役立ちチェックポイント

結婚式場を選ぶ際に、何カ所も見て回るうちに分からなくなってしまった、比較ができなくて困ってしまった、という声をよくききます。

事前にブライダル情報誌や、結婚式場のホームページなどをチェックするのはもちろんですが、下見やブライダルフェアに行った際にも確認しておきたい点を挙げておき、結婚式場の絞り込み、決定する際の参考にしましょう。

下見やブライダルフェアは予約が必要な場合がありますので、確認してから行ってみてくださいね。

結婚式場を決める際に、覚えておいてほしいチェックポイントをご紹介します。

  • 会場の立地面
  • 交通手段(駅、バス停などからの距離や所要時間、送迎バスの有無)
  • 駐車場の有無、止められる車の台数 ・宿泊施設(宿泊されるゲストのために確認)
  • 周辺のロケーション、会場内
  • スタッフの雰囲気、接客態度
  • 会場の清潔感、内装
  • バリアフリー対応か、子供ゲストにも対応できる設備か
  • 禁煙、喫煙についての対応
  • 雨天の場合の対応

挙式・披露宴について

  • 挙式・披露宴の会場の雰囲気
  • 会場の広さ、収容人数
  • 可能な演出や設備
  • 会場コーディネート
  • 料理・飲み物の内容
  • 持ち込みの有無
  • プラン内容の確認

結婚式場やブライダルフェアに行くと、どうしても自分たちのことばかりに目が行ってしまいがちです。それは仕方のないことですが、自分たちだけでなくゲストの方にも喜んでいただけるのが、本当の良い結婚式の姿ですよね。

ゲストの方の目線にもなって、式場についてチェックすると、必要な情報も逃さずにチェックできます。

上記のチェック項目以外にも、ご自身が気になるポイントや比較したいこだわりポイントがあるなら、チェック項目に追加しておきましょう。

ブライダルフェアや下見の当日までに準備を綿密に行うことが大切です。筆記用具、カメラなども忘れずに持って行って、可能な限り式場の情報収集を。

そして疑問に思ったことは、遠慮せずにしっかりと質問して、納得のいく式場を選びましょう。

一生に一度の結婚式で後悔をしないために注意すべきポイント

最近は景気の悪化や、若い世代に合理的な考えが普及したせいで冠婚葬祭にあまりお金をかけない傾向があります。「地味婚」「スマ婚」という言葉もありますし、「友達と近い身内だけ集めてささやかに、安く済ませたい」といったカップルが確実に増えています。またその需要に応じた格安・激安ウェディング業者もおり、この傾向は今後も続いていくでしょう。決して安くすることが悪いわけではないのですが、やはり結婚式は一生に一度のもの。突き詰めて言えば挙式自体にも合理性はないのですから、どうせ式を挙げるなら費用だけに目を向けず、後で思い返してみて後悔のない形にするほうがプラスと言えるでしょう。

後悔しない結婚式を挙げるためには、ポイントを押さえた式場選びも大切ですが、実際に挙式を体験した先輩花嫁さんたちの「こうすれば良かった」「こんな問題があったんだ」等の声を聞いておくことが参考になります。

もっとも多い声は、結婚式の華と言うべき「花嫁姿」に関するものです。「予算の都合で諦めたけれど、やっぱり洋装と和装の両方が着たかった」「いつもと違う特殊なメイク・髪形なので、イメージと違った。リハーサルメイクすれば良かった」「ドレスは露出するから、式場と提携しているブライダルエステのついたコースにすれば良かった」等々、やはり皆さん普段はしない花嫁姿(当然ですが)に戸惑い、不必要に予算を削ってしまったという方が多くいるようです。女性にとっては晴れ舞台ですから、美しい花嫁姿のためには多少予算を割くことも必要でしょう。

「挙式での写真・動画撮影」に関する後悔もまた良く聞かれるものになります。「友達に撮影を頼んだら、ブレていて全然使える画像がなかった」「DVD撮影サービスを予算上断ってしまったけど、楽しかったからやっぱり撮っておけば良かった」「一部写っていない親戚がいて、写真を後で配りにくかった」等々、予算を削るためにプロのカメラマンを断ると場合によってはこのような問題が出てきてしまいます。カメラ等の機材は進歩していて素人でもきれいに撮れはしますが、大事なシーンや段取り毎の撮影、新郎新婦どちらの関係者も漏らさず撮るなどの気配りは人間にしかできません。片手間にお友達に頼むよりは、有料であってもプロに依頼するほうが後悔のない思い出が手元に残るでしょう。

「料理・引き出物」に関する後悔も切実です。「料理の試食が有料だったのでしなかったらすごくマズいものだった」「あまりにも料理が貧相で恥ずかしい思いをした」「引き出物が安っぽすぎて、後で出席者に嫌味を言われた」等々。結婚式はご祝儀というシステムがありますし、挙式費用が安いからと言ってご祝儀がそれに比例して下がるわけでもありません。あまりに安っぽい料理や引き出物だと、お祝い事とはいえ出席者は「これだけ出したのに・・」という不満も出てしまいます。自分たちの思い出だけではなく、周囲の人間との信頼関係も傷つくという点でこれがある意味一番深刻かもしれません。時間とお金を使って来てくださる出席者の方たちのことも考え、料理と引き出物はある程度の予算をかけるほうが良いでしょう。

式場の用意する格安プランには落とし穴があることにも注意が必要です。「格安な代わりにキャンセルできないプランで、屋外だったのに雨で悲惨だった」「真夏で気温35℃のなか、中庭で立っていなければならなかった」など、当日の天候や気温等予測できない要素があるため、あまり柔軟性のないプランは安くともお勧めできません。キャンセル可能か、振り替えに費用はどのくらい必要か、この辺りを担当者にきっちり確認しておきましょう。

結婚後の生活もありますので、費用を抑えたいのは誰しも同じです。しかしそこだけに目を向けてしまうと、せっかくの結婚式が後で悔いの残る形になってしまいます。来てくれる人たちのことや、美しい思い出にして今後ずっと振り返ることを考慮し、必要となる部分にはお相手と相談のうえ掛けるべきところにはお金をかけることが後悔しないためには重要になります。

4つの格安婚フェアに潜入!一番お得なのはどこ?
PAGE TOP