リーズナブルでも大満足!おすすめの格安結婚式場

ドレス

結婚式の費用をドレスで節約!

結婚式の費用を安くあげる方法として、「ドレス」にスポットを当て、ご紹介します。

衣装代の相場

結婚式会場や、ドレスショップによっても衣装代の相場は全くかわってきます。都市圏、地方でも相場は変わりますし、そもそもドレスをオーダーメイドするのか、レンタルするのか、によっても大きな差がでます。
参考までに大まかな、衣装代の相場を挙げますと

  • ウェディングドレス 平均24.5万円 
  • カラードレス 平均22.2万円

との調査結果が。しかし、衣装代は3万円前後から50万円、60万円とピンキリなので、この相場も参考程度にとどめておきましょう。

衣装選びのコツ

衣装を安くあげるには、選び方のコツがあります。
衣装の手配には以下の3つが挙げられます。

  • レンタル
  • オーダーメイド(フル・セミ)
  • アウトレット

まずは、衣装をレンタルするのか、購入するのかを決めましょう。
一般的にはレンタルの方が安く抑えられるように思いますが、レンタル衣装もピンキリです。一方、購入するにしても、アウトレットで購入したり、中古のドレス屋で購入したりすることでレンタル以上に安く済む場合もあります。
特にアウトレットなどでは2、3万円から購入できるところもあるのです。また、セミオーダーなどで自分好みにドレスを作ることでも内容によっては安く済むこともあります。

節約のポイント

ドレスを選びに行く際、結婚式の総額からどのぐらいを衣装代として出すことができるのか、だいたいの予算を決めておくことが必要です。

ウェディングドレス、カラードレスなども何着着るのかをきめ、予算内で納められそうなショップや、結婚式場の提携店を紹介してもらうとよいでしょう。提携店の場合は割引が適用されることがあるので、割引後の価格と、提携店以外のドレスの価格をチェックして価格交渉してみるのもアリですね。

また、提携店外のお店では式場への持ち込み料を負担してくれるところもあります。さらに、まとめて1か所で衣装を手配することで、総額からの割引をうけられたり、クーポンをもらえたりすることもあるようです。

お店の割引サービスなども比較チェックして、節約しましょう。

パックプランの落とし穴や小物選びもチェック

格安でも結婚式の思い出はきれいに残したい

一般的に「高い」と思われている結婚式の費用相場は350万円。その中でもドレスを含む衣装代にかかるのは50万円ほどなのだとか。衣装代は結婚式費用の大半を占めるのです。
「お金はかけられなくても、一生に一度の記念日を良い思い出にしたい」と思う人は多いはず。そのために格安でも満足できるドレスや小物選びなどを紹介します。

パックプランは内容確認をしっかりと

ドレスの選び方で気を付けたいのが、パックプランに含まれているドレスの料金です。
パックプランとは挙式料・衣装・料理など結婚式に必要なものがあらかじめセットになっているプランのこと。パックプランに追加人数分やオプションをプラスするカップルも多くいます。
パックプランに多いのは「プランに含まれるドレスレンタル料金は○○万円です」という紹介。例えば「20万円分のドレス・衣装をレンタルできる」と聞くと、「これだけの金額ならいろいろなドレスを選べるだろうと思う方がいるかもしれません。しかし、実際は選べるドレスの点数が限られていたり、ドレスによってはレンタル料を追加しなければならなかったりすることのほうが多いのです。プランの申し込みをする際は、「希望する衣装の値段はどれくらいなのか」「パックプラン内でどの程度のランクのドレスを選べるのか」などを必ず事前に確認したうえで、パックプランに申し込むことが大切。ただ値段だけ確認して「安いから」と申し込まないように気を付けてください。

中古品を購入する方法もアリ

レンタルだけではなく、中古ドレスの購入を考えてみるのも一つの手です。中古ドレスは一度は誰かが袖を通したものなので抵抗がある方もいますね。しかし考えてみればレンタルのドレスも、何人もの人が袖を通したものがクリーニングされているのだと考えたら、中古ドレスと変わらないと気付くはず。しかも中古の中には「新中古」「新古品」と呼ばれる、展示品やショップの在庫処分品、レンタル商品の入れ替えで出回っているドレスもあるのです。手ごろな値段できれいなドレスが着られる可能性があるのですから、中古品も悪くはありません。結婚式後の保管場所がない場合は買い取りに出すこともできます。中古ドレスに抵抗がないのであれば、こういったドレスの購入方法もおすすめです。

花嫁を彩る小物選び

ドレス姿を際立たせるには、小物選びも重要なところです。
いくら格安で結婚式を挙げようといっても、ドレスだけでは寂しいもの。小物を身につけて、さらに華やかにしましょう。
代表的な小物はイヤリング・ネックレス・ベール・ブライダルインナーなど、どれもドレスの小物に欠かせないものばかり。特にブライダルインナーはドレス姿をいかに美しく見せるかに関わってくるので、ちゃんと体に合うものを選ばなければなりません。そんなブライダルインナーを安く手に入れるためにネットで購入を考える人も多いでしょう。しかし、ネット購入の場合サイズチェックができないので、安く購入できてもサイズが合わずに失敗してしまう可能性のほうが高くなるのです。ネットでブライダルインナーを購入する際は、あらかじめ店頭で試着をしてからネットで購入するとよいですよ。

費用は「見えるか見えないか」でかけ方を考える

ドレスやブライダルインナー以外の小物は、友人や親族に貸してくれる人がいるか確認しましょう。借りられなさそうな場合はネットで安く手に入れるのがおすすめです。
費用をかけるものかけないものの分け方は、基本的には「目に見えるか、見えないか」で分けると良いでしょう。見えない部分はできるだけ費用をかけず、見える部分は結婚式の後でも使える小物をチョイスするのがポイントです。特にアクセサリーはドレスの次に目に入る場所なので、きれいなデザインを選びましょう。イヤリングとネックレスはセットのものを身につけると見栄えが良く映ります。
アクセサリーはできるだけ手持ちの物を選ぶか、身内や友人のアクセサリーを借りましょう。借りられなかった場合は、これから自分が知人の結婚式に出席するときにも使いまわせるようなアクセサリーを購入すると良いです。パールのアクセサリーならウェディングドレスにも、結婚式に出席する際のフォーマルなドレスにも合わせやすくなります。

「借りること」は幸せにつながる

「結婚式に必要なドレスや小物をレンタルしたり他から借りるなんて」と思う人もいるかもしれません。しかし欧米には「サムシングフォー」という、花嫁が生涯幸せな結婚生活を送ることができるとされる、「借りること」を大事にする慣習があるのです。

花嫁が幸せになれる4つのサムシングフォーを取り入れてみては?

サムシングフォーとは、花嫁が条件に合った4つの物を身につけて結婚式を挙げると幸せになれるという、欧米の慣習です。イギリスの有名な童謡集「マザー・グース」に収められている「サムシングフォーと6ペンス」という詩が由来となっています。
サムシングフォーは、今までお世話になってきた家族や友人、そしてこれからの幸せな未来への願いが込められたものです。結婚式のドレスや小物選びと一緒に、どんなものを身につけるかを楽しみながら探してみるのはいかがでしょうか。
花嫁が身につけると幸せになると言われているのは、以下の4つです。

「Something Old (サムシングオールド)」何か古いもの

花嫁の家族や祖先を象徴するもので、「代々受け継がれてきた家族の絆」や「伝統のある古いもの」を表します。祖母や母から譲り受けたものを身につけると良いでしょう。一般的には宝飾品を身につけるのですが、祖母や母の結婚衣装に使われたベールやレースなどを使用する場合もあります。最近は日本でも、祖母や母から譲り受けた指輪を身につけるといったサムシングオールドのような風習が見られるようになりました。特に婚約指輪が多く、デザインをリフォームしてから身につけることが多いようです。

「Something New (サムシングニュー)」何か新しいもの

花嫁がこれからの生活に希望するものの象徴で、「新生活の象徴」「新しいものを手に入れることができる経済力」を表しています。新調したものならどれでも良いのですが、身につけるものなら白いもの。花嫁衣裳の一部に白いシューズやグローブを当てることが多いようです。新しいものは当日に新しくおろして使うものとして準備するのが最適。ハンカチの場合はレースやイニシャルが刺繍されている、質の高いハンカチがおすすめです。

「Something Borrowed (サムシングボロー)何か借りたもの

「交友の絆」や「信用のある人柄」といった、友人や隣人との縁を表しています。結婚して幸せな生活を送っている家族や友人が普段使っているものが望ましいでしょう。ハンカチやアクセサリーが一般的です。サムシングニューでもおすすめしているハンカチは、当日出席する誰もが必ず持っているはずなので、サムシングボローの一つとして利用するのも良いのではないでしょうか。

「Something Blue (サムシングブルー)何か青いもの

「純愛」や「純潔」を表現しています。古代ローマでは、青は愛や謙遜、貞節の象徴でした。キリスト教では、聖母マリアのシンボルカラーとなっています。青いものは目立たない場所に身につけるのが良いとされており、白いガーターに青いリボンを付けたものが一般的です。サムシングブルーは「人目につかない」ことが条件なので、ネイルにさりげなく青色を入れたり花束に青い花を一輪だけ入れてみたりなどしてみても良いでしょう。
マリッジリングの裏側にサファイアやブルーダイヤを取り入れる人も多くいます。ブルーは聖母マリアを象徴する色であり、ブルーを身につけて永遠の愛を誓うことに大きな意味があるのです。

ここまで一般的なサムシングフォーの紹介をしてきましたが、実際はこの慣習に沿ったものであれば何でも身につけてよいと考えて良いでしょう。例えば「サムシングオールド」なら母親から譲り受けたパールのイヤリングを身につけたり、「サムシングボロー」として友人からヘアアクセサリーを借りたりしても良いのです。さまざまな願いがこもった自分だけのサムシングフォーを身にまとって、素敵な結婚式を迎えてください。

4つの格安婚フェアに潜入!一番お得なのはどこ?
PAGE TOP