リーズナブルでも大満足!おすすめの格安結婚式場

引き出物

引き出物を安く手に入れて節約!

こちらのページでは、結婚式を安くあげるためのノウハウの1つとして、「引き出物」に関する節約方法をご紹介します。

引き出物とは何か?

結婚式の出席者に一律に配られるお礼の品、記念品が引き出物です。ゲストの好みや生活スタイルもさまざまであることから、最近では相手によって選択できるよう、何種類かの引き出物を用意する方も多いようです。

引き出物の相場

引き出物の金額目安は披露宴の1人当たりの飲食費の3分の1程度ともいわれています。しかし、地域差や家の習慣によってはこの限りではありません。

一般的な引き出物の内容は

  • 引出物:食器、日用品、インテリア雑貨など
  • 引菓子:バウムクーヘン、カステラ、クッキーなど
  • 縁起物、名披露目:鰹節、お赤飯、名前入りの食器トレーや時計など

一般的な相場はゲスト1人あたり、平均7000円ぐらいのようです。

引き出物を選ぶ基準

引出物を選ぶ基準は誰が貰っても嬉しいものやあって困らないものにすることです。ここでは、引き出物選びのポイントをまとめました。

失敗しない引出物選び3つのポイント

1:持ち帰りやすいものか考える

大きさや重さは持ち帰りやすいかどうかをチェックしましょう。特に遠方から参加するゲストにとって、かさばるサイズのものや重たいものは持ち帰るのが大変。また、女性は式の当日はかかとの高い靴を履く人がほとんどで、重たいものを持ち歩くのには不向きな恰好です。
さらに、披露宴の後に二次会へ参加する場合、重たいものを持ったまま移動しなくてはいけないのも大変です。持ち帰るのに良い大きさや重さのものにするか、後日郵送するといった対応を取るようにしましょう。

2:新郎新婦の名前入り小物や写真は控える

2人の名前や顔写真の入った小物や食器は「どう扱っていいのかわからない」というゲストが多いようです。不要なものでも、おめでたい席でもらったものなので、捨てるのに躊躇してしまうという方もいます。
新郎新婦2人のことをきちんと紹介できる引出物にしたいなら、熨斗に名前を入れると良いでしょう。中身は一般的にタオルやカトラリー、アロマグッズなど。凝ったものではなく、普段使いしやすいデザインを選ぶのも大事です。

3:新郎新婦の趣味を出しすぎない

凝ったデザインの小物や既存のキャラクターグッズ、手作り品など、新郎新婦の趣味に偏った引出物は人を選びます。ワインが好きだから引出物もワイングラスに、と思うかもしれませんが、ゲストの中にはお酒を飲まない方もいます。それなら、お茶やコーヒーなどいろいろな飲み物を楽しめるカップにする方が無難。

また、節約のために手作り品を贈る新郎新婦もいますが、ご祝儀に見合ったクオリティでないとなかなか喜んでもらえないのが現実です。
趣味の合う仲間だけを招いて結婚式をするなら気にしないでもいいかもしれません。そういった趣味丸出しだからこそ楽しい結婚式になることもあります。
引出物は貰う側の事情を考えて選ぶように心がけましょう。幸せのお裾分けは、押し付けすぎないようにしたいものです。
結婚式を楽しみにしているのは、新郎新婦もゲストも同じ。どちらも「いい式だった」と言えるようにしたいものですね。

貰って嬉しかった引出物は?

貰って嬉しかった引出物のナンバーワンは「カタログギフト」。やはり、欲しいものが手に入るということで人気があります。
カタログには種類があり「商品ラインナップが豊富なもの」「ブランドグルメが楽しめるもの」「商品券が選べるもの」などさまざま。ゲストの年齢や性別の幅が広い場合は、よりラインナップが多いものの方が満足度も高いようです。
カタログギフトは、新郎新婦側からみても贈り分けもしやすい引出物です。仲人や挨拶、受付を頼んだ方へワンランク上の金額のカタログギフトを渡したり、男性女性で分けたりなど、上手に使えばゲストの満足度もさらに上がるでしょう。

次いで人気なのが「スイーツ」。普段は手が出しにくい有名店のものがやはり好まれます。ただし、バームクーヘンやパウンドケーキのような大きなものは要注意。ゲストが1人暮らしだったり少人数の家族構成だったりすると、大きなスイーツは量が多すぎて消化しきれないことがあります。もったいない…という罪悪感を抱かせないためにも、小分けにされたものや賞味期限が長いものを選ぶようにしましょう。

注意!カタログギフトの落とし穴

カタログギフトなら、貰った側が欲しいものを選ぶのでハズレがない…と思っていませんか?しかし、落とし穴があるのです。
例えば、

  • 他の人の結婚式でも同じカタログだった
  • 自分の結婚式でも使った会社のカタログだから、金額がわかってしまった
  • 届いたものが安っぽくてすぐに壊れてしまった

などです。

人気のあるカタログは他の人とカブってしまう可能性があるようです。カブってしまうだけならまだしも、いくらのカタログなのかわかってしまうのはちょっと恥ずかしいですよね。
身近に結婚式を挙げた方や参加した方がいるなら、聞いてみると、この落とし穴を回避できるかもしれません。

一番気を付けたいのは「安いカタログギフトにしないこと」です。写真では良くみえたのに実際届いたらなんか違う、なんてことにならないためにも、カタログの金額は抑えないのが無難。結婚式は何かとお金がかかりますから、少しでも節約したいのが本音ですよね。ですが、ゲストをもてなすもので費用を抑えてしまうと「届いたものが安っぽい」「すぐに壊れてしまうと」ゲストはがっかりしてしまいます。そして結婚式の思い出までも、その気持ちに引きずられてしまうことに…。せっかくの結婚式ですから、皆に満足してもらいたいはずです。節約するなら、他の部分で考えましょう。

安く手に入れる方法

結婚式場でも提携のギフトショップや式場オリジナルの引き出物プランなどが用意されていますが、やはり外部業者から持ち込むのが一番の節約です。

提携店でも割引は適用されますが、最近ではインターネットを利用することで提携店以上の割引も叶えられるようになりました。というのも、引き出物は基本的にたくさんの数を発注することになりますので、発注数に応じて割引があるのです。

発注する数が多いほど割引額も大きくなっていくので、ゲストの人数が多いほど、引き出物の節約額は大きくなります。

持ち込み料

持ち込み料とは、新郎新婦側が結婚式場へドレスや引出物を持ち込んだときにかかる保管料のことで、予算に上乗せされます。
引出物の持ち込み料は1点で平均300~500円。引出物は基本的に割り切れない個数を用意するのが縁起がいいとされているので、3~5個ほど用意します。引菓子やプチギフトを含めて数えても大丈夫です。
では、5つの引出物をゲスト50人に贈る場合はいくらぐらいかかるでしょうか。
1個の持ち込み料が300円なら75,000円。1個500円なら125,000円ほどかかります。

式場で購入とネットで購入はどっちがお得?

結論から言うと、割引がきくネット購入の方がお得になる可能性があります。
式場側が提供している引出物は定価での購入になります。ネットで購入する場合、大量発注だと割り引きしてもらえることが多くあり、引出物自体の価格はネット購入の方がお得になるでしょう。商品自体のラインナップも多く、より贈りたいものが見つかるといわれています。
ただ、気を付けたいのが送料です。大量発注なので無料になるところもあれば、そうでないところも。また、ラッピングやゲストへ渡すときの袋も付いてくるか忘れず確認をしてくださいね。ショップによっては、購入した商品の数と同じ数の袋を用意してくれますよ。

では、ネット注文時の割引価格と持ち込み料を比較して考えましょう。
例えば、定価7000円の引出物を50名分用意するとします。同じ商品が、ネット購入では30%割引で購入でき、大量発注の場合は送料が無料になるならどうなるでしょうか。

【引出物の価格が7,000円の場合】
式場 7,000円×50個=35,000円
ネット購入 7,000円×50個=35,000円
30%OFFで24,500円→ 10,500円お得

引出物代だけで考えると、10,000円以上もお得になりました。持ち込み料や包装・紙袋代が浮いた分よりも安く済むなら、ネット購入して持ち込む方がいいでしょう。

引出物を入れる紙袋は、無地で厚手のものがネットで購入できます。こだわりが無ければ、こういったシンプルなものでいいでしょう。
式場が用意してくれる紙袋は、マチが広く引出物を入れるのにピッタリ。また、式場のロゴ入りなので特別感があります。どちらを選ぶかは、新郎新婦で話し合って決めてくださいね。

それよりさらに安くすませるなら、持ち込み料がかからない式場を選ぶのはいかがでしょうか?

持ち込み料が無料の式場で挙式する

式場によっては持ち込み料が無料のところがあります。アットホームな結婚式プランを提供している会場に多いようです。手作り感を活かした式にしたい新郎新婦は、こういった式場を利用することでぐっと費用を抑えられますよ。
引出物の持ち込み料が無料になれば、浮いた分を別のものにかけられます。料理やブーケをちょっとランクアップしてもいいですし、新婚旅行やその後の生活資金のためのお金としてもいいでしょう。

引出物を上手に用意することで、結婚式の費用は抑えることができます。また、持ち込み料が無料の会場にすれば、さらに節約に。近年は式のプランが安価な式場も増えてきていますので、予算が無いからと結婚式を諦めている方はもう1度考えてみてはいかがでしょうか?

4つの格安婚フェアに潜入!一番お得なのはどこ?
PAGE TOP